トビラノのブログ

日記を毎日更新しています

たのしい悪夢 - 2021年4月5日の日記

夜ふかししてYouTube見てた。

 

見ていた動画

 

youtu.be

 

youtu.be

 

youtu.be

 

これら見ながら寝落ちして、夢の中ではサイケな絵を描き、サンプラーでビート作ってラップ乗せて踊ってた気がする。どれもかなり良い出来だった。起きたら体調を崩していた。

 

 

 

画家のフリ - 2021年4月4日の日記

 

昨日と今日で絵を2枚描いた!実験的にInstagramの埋め込みをやってみる。

 

※2021/04/21追記: リンク埋め込みに何らかの不具合が生じ、本記事が読み込めなくなったため挿入形式を変更しました。

 

1枚め、犬

 

2枚め、花見に飽きてバドミントンで遊ぶ人間たちを眺める犬

 

花見のやつはお友達が撮ってくれた写真をもとに描きました。

ポストカードのアスペクト比の写真を縦向きに載せようとすると絶対に上下が見切れるのどうにかならないのかな。横向きにすると全部入るのに。

初めてソフトパステルを使って描いてみたんだけど、同じ人間が描いた絵なのにクレパス画と全然違うタッチになってて面白い。描き心地はさらさらしてて面描しやすいし、手でわしゃわしゃ〜とボカすの楽しいし、クレパス・オイルパステルより混色も重ね塗りもしやすいしで、気に入った!しばらくソフトパステルを使っていこ。難点があるとしたら、ゴリゴリ描いたときに出る削りカス(?)がめっちゃ指につき、油断すると絵が汚れてしまうこと。


f:id:tobirano:20210404182733j:image

 

これとか修復不可能だった。悲しい…。こんなの別にパステルの特性でも何でもなくて、ただ使い慣れてないだけだと思うので、研究あるのみだ!

 

「何かのフリをしている者は実際にはそのものになっている」みたいなことをよく聞くので(労働者のフリをしている者は現実に労働者である)、それを逆手に取って画家のフリをすることにした。絵は売れないけどいっぱい描き続けている。ゴッホは有名な画家だけど、生前はほとんど絵が売れなかったという。画家って何だろう?

 

胃が痛い(マジ) - 2021年4月3日の日記

今日の日記はオシッコとゲロの話題が出てくるのでご注意ください……

 

 

昨夜〜今朝にかけて久々に6時間の連続した睡眠をとった!!たっぷり寝たおかげで朝とっても気持ちよく目覚めることができた。

朝ごはん食べて家事したあと3時間ほど絵を描いて、昼からは犬の散歩と、図書館へ本を返しに&新たに借りに行った。朝から活動すると一日で色んなことができる。いっぱい寝たおかげ!睡眠最高!!

 

夜、犬が夜ごはんを大量に食べた後ヒイヒイ鳴きながら家じゅうを切羽詰まったようすで歩き回っており、「これは吐くモーションだな」と思ってしばらく付き添っていると案の定廊下でゲロッと未消化のオヤツの塊を吐いた。おそらく食べすぎ。

ここまではよくあることだが、今日は吐くときの力みに足腰が耐えられなかったのか、吐き戻す瞬間にドテッと横になってコケてしまい、同時に失禁してしまった。初めてのことだったので家族全員びっくりしたし、犬もなんかショックを受けている感じに見えた。

1時間半ほど経った今はだいぶ落ち着いたみたいだから重大な病気ではないと思うけど、少なくとも老化が以前より進んでいることは疑いようのない事実だ。

 

私も夕方からお腹の調子が悪くて気分が優れないので、今日の日記はここまで!

 

 

↑ここまで書いて公開ボタンを押す直前で寝た

ハピネス貯金 - 2021年4月2日の日記

 

お酒たくさん飲んで疲れたので日記は短くする。今日は大学の軽音部の友人らと花見をした!

4年半の学生生活のうち後半の2年くらいはほとんど下級生の友人(後輩とも言う)とつるんでいて、大学を卒業してからも変わらず下級生、つまり現役大学生とよく遊んでいる。おかげで大学卒業後無職を経て実家暮らしのバイト戦士になった今も気持ちはずっと学生のままだ。友人らがどう思ってるかは知らないが…。

花見は楽しかったんだけど、マスクとソーシャルディスタンスのせいで楽しさ半減だった。暑いし、飲食にいちいち手間がかかるし、友達の顔見えないし。普段紛うことなきインドア生活を続けていたから気にならなかっただけで、アウトドア派の人は1年以上もこのストレスを浴び続けてきたのか?こんなん病気になるわ。自分はインドア派でよかった〜。

友人らと弁当食べながらいろいろ喋って楽しかったけど、具体的に何を話したのが楽しかったのかは全く覚えてない。昔は楽しかった内容を忘れるのがすごく悲しくてやるせない気持ちになってたけど、今はそうでもなくなった。そもそも内容を忘れて悲しくなっていたのは、楽しかった記憶を反芻してもう一度楽しさを味えないのが勿体ないという感覚に近かった。しかし今は、「今この瞬間の楽しさ」に未来のノスタルジーの居場所をわざわざ作ってやる筋合いはねえ、と直感的に思う。今頑張って働けば数(十)年後は幸せな生活が送れるはずだ、今耐え凌げば…などと将来のためにハピネスを貯金するのは嫌だ、と思っていることの副作用かもしれない。うまく言えないが、こう考えるようになったのは岸田秀『ものぐさ精神分析』(名著!!)の時間論による影響が非常に大きい。

明日は花見の片付けを少しだけ残してるのを全部終わらせて、図書館で気になってる本を借りて、ソフトパステルでなんか描こう。全部できるかわからないけど。

 

 

思い切ってないのに - 2021年4月1日の日記

 

昨日、一昨日と続けて夜3時間ぐらいしか寝ていなかったのに加えて今日は朝から晩までけっこう活動的な一日を過ごしたため、日が暮れた頃にはとんでもなく眠たくなり、21時過ぎにお風呂上がって布団に入るとネットサーフィンもそこそこに眠りの世界へダイブした。で、犬の夜鳴きで目覚めて今に至るんだけど、深夜2時前後かなと思って時計見たらまだ日付回ってなかったので超ビックリ!いつも0時過ぎに寝て2時〜3時に起きる(起こされる)ので時間感覚は合ってたものの、まだ今日のうちってのが変な感じだ。書いてる間に4月2日になっちゃったけど…

 

昨日の絵を先輩に見せたら、思い切って黒色を使ってるのがいいね、とコメントを頂いた。前にも友人絵を見せたとき、黒を使ってるところを評価してくれたことがあったのを思い出した。そのときは友人の感性でそう言ってるのかなと思ってたけど、複数人が同じことを言うのなら絵画において黒を使うことには何らかの意味があるに違いない。おそらく「黒を使ってはいけない」という基本ルールがあるのだろう……と勘解由智理よろしくピーンと閃いて、ググったところ、やはり、予想通り、「黒色絵の具を使ってはいけない理由」とかいうサイトが多数ヒットした。私は人生で一度も聞いたことなかったけど、絵描き?美術?界では黒を使わないのはもはや「常識」らしい。件のコメントをくれた先輩や友人はどちらも教養のある方だから、おそらく黒を使ってはいけないという美術の基礎を分かったうえで敢えて黒を多用しているところを評価してくれたのだろう。そんなん1ミリも知らなかったな。黒を使うことは私にとって思い切りでもなんでもないのに、美術に明るい人にとっては思い切った色使いに見えるのが面白い。こないだの「声かけ」の話もそうだけど(過去の日記を読んでね)、他人に褒められることの多くは自分が意図してないところだったりする。

 

眠くて面倒くさいから終わり

 

 

 

いいとこドリップの真価 - 2021年3月31日の日記

 

 

やっと絵ができた!


f:id:tobirano:20210331205610j:image

 

近所の川と家々。絵が暗い……

スマホのカメラだと微妙な色彩や陰影がわかんなくなるので空が灰色一色に見えるが、実際ほとんど灰色の曇天である。

 

1つの被写体(主に犬)を近距離でバーンと大きく描くことが多かったけど今回は初めて街並みに挑戦、1日平均1〜2時間くらい描いて約2週間かかった。なかなか大変だった。つかりた〜

正直もっと描き込みたいところは山ほどあるけどもう気力がないというか、これ以上時間をかけてもこの絵に対する関心が薄れていく一方な気がしたので、ここで終わりにした。眠いし。

 

曇り空やコンクリートを描くにあたって、こないだ文具屋に行ったとき買ったホルベインオイルパステルU647ニュートラルグレイめっちゃ重宝した!今回の絵1枚で、新品のニュートラルグレイが半分の長さになってしまうほど(パステルの使い方が下手なのかもしれない)。単色200円でまあまあ高いけど、セットでも別に安くならないっぽいから腹を括って単色バシバシ買っちゃお。

サクラクレパスと全っっっ然質感が違って驚いた。サクラクレパスの硬くてポロポロこぼれ落ちる感触に対して、ホルベインの方はかなりねっとりしている。クレヨンとパステルをいいとこドリップ(死語ですらない)したというサクラ『クレパス』の真価がやっと分かってきた。サクラクレパスは手につかないし筆触?がよく、気軽に使いやすい!私は今までかなり特殊な画材を使っていたんだな。

文具屋で必要なものを揃えたついでにテンション上がってうっかり買ってしまったソフトパステル100色セットをまだ開封してないから、次は満を持してソフトパステルを使ってみたい。

 

 

 

以下、今日の日記です。

 

 

今日はバイトから帰ってきて昼寝して餃子食べて寝てました。

 

 

日記、終わり!!!

 

古の「え」、現代の「い」 - 2021年3月30日の日記

 

 

昨日は昼から花見BBQをした。

 


f:id:tobirano:20210331111436j:image

 

満開(と言っても過言ではない)!!!雨降った翌日でもきれいに咲いていた。

 

通説によると満開の桜が3分の1ほど散り、頭上に広がるだけだった花びらが頭上と地上を覆って視界がすべてピンク色になるくらいの時期がもっとも視覚的に楽しいので、花見はここからが本番だと言われている。今はまだ地面の色と花の色の対比を楽しむ段階。

 

 

屋外だからいいじゃんね、と思ってマスクなしで肉食べてたら公園管理のおじさんがやって来て、「桜の木の下は密になりやすいから、木の下で肉を焼いてはいけない」とやんわり注意され、屋外だからいいじゃんね、と思った。

 

 

肉を食べ尽くし、ビール飲んでいい気分になって家に戻ったタイミングで、バイトの先輩から連絡がきた。体調不良で代わってほしいとのことだったので、煙たい服を着たままほろ酔いでヘルプに入る。

 

バイトの同僚の高校生で、肩揉みが得意と自称する女の子がいて、バイト先に着くなり肩凝ってませんか?凝ってますね〜と言いながら肩や肩甲骨まわりをバキボキに揉まれた。痛いのは凝ってる証拠ですよ〜と言われたので痛いのを我慢して揉んでもらったが、終始めちゃくちゃ痛かったし、半日経った今も痛い。寝違えたような感覚があるんだけど大丈夫か。

 

 

ところで「寝違え」ってもしかして「寝違い」だったかな、と思ってググったら「寝違え」が正解っぽかったんだけど、さらに気になって「違え」と「違い」の差異を調べたらこんなのが出てきた。

 

www.nhk.or.jp

 

「間違う」は「正しい(あるべき)状態から外れていること」、「間違える」は「AとBとを取り違えること」がそれぞれ意味の中心になっていると言えます。(中略)何かの試験を受けたときに、「あるべき正解から外れた」という意味では「答えを間違った」ですし、「正解はAであるのにBと書いてしまった」という意味では「答えを間違えた」ということになります。多くの場合には両方とも使えることが多いのですが、とらえ方が違うのです。

(上記サイトより引用)

 

この法則に従うと「寝違え」よりも「寝違い」の方が理にかなっているように思うけど、なんで「寝違え」なんだ。

もしかして古くからあって慣習的な言い方なのかな(なんの根拠もない予想)。もし寝違えの概念が現代に誕生していたらそれは「寝違い」だったかもしれない。古(いにしえ)の「え」、現代の「い」と覚えよう(なんの意味もない暗記法)。