トビラノのブログ

書いたり書かなかったりします。

2022年3月28日の日記

一度寝た犬がさっき(23時)起きてしまい、寝つくまで時間が掛かりそうなのでブログを書く。 昨日は友人たちと遊んだ。バイト先以外で友達と会ったのは今月に入って2回目、あとはずっと家にいるかバイトに行ってた。 私は若干、誇大妄想狂っぽいところがあり…

2022年3月23日の日記

犬が寝ない。 ごはんはもう食べたからお腹が空いて鳴いているのではない。もしかしたらもう少し食べたいのかもしれないが昨晩食べすぎで吐いてしまったので一度に沢山は食べさせてやれない。 オシッコもウンコもさっき済んだ。 なんで鳴いているのかわからな…

2022年3月15日の日記

にじさんじライバーの動画を見るようになった。 ライバーの活動が大勢の人にとって「救い」になっているらしい現実を知る。私にとっては別に普通のことに思える部分も多くあり、たとえば「てぇてぇ」って私にとっては友達付き合いやグループホームの住人との…

2022年3月4日の日記

トビラノ名義でブログを開設して1年半くらい経つ。 なんとなく今日かなと思って実名で(と言ってもファーストネームだけど)ブログを新しく開設し、これまた実名で始めたTwitterで共有することにした。 なんぼほどアカウント持ってんねん、ともうひとりの私…

2022年2月20日の日記

ワンピースのアニメOP曲、ウィーアー!が急に頭に浮かんできた。漫画もアニメもほとんど見ていないのになぜだろう? 特になんの印象も持っていなかったサビ前の歌詞がやたらと心に響く。 個人的な嵐は 誰かの バイオリズム乗っかって 思い過ごせばいい! 暗い…

2022年2月12日の日記

夜、テレビをつけたら何かの情報番組で、北京オリンピックで選手が失格になって波紋が広がっているとか難しい技に挑戦したとかどこかの国の選手がズルをしたとか、次から次へと目まぐるしく種々の感情を掻き立てるような報道の仕方をしていて恐ろしかった。 …

2022年2月9日の日記

犬を連れて毎日2時間は散歩に出ている。 自分から積極的に散歩したいと思っているのではない。他にやりたいことがあっても中断して、わざわざこの寒い中を2時間も(しかも犬のペースに合わせてゆっくり進んだり止まったりしながら)歩く。とは言うものの、行…

2022年2月7日の日記

介護に関わる日々を通して、私が思う「介護」という言葉の意義が変化してきた。 以前は、老人や障害者にの食事や排泄、身の回りの世話を行うことこそが「介護」だと思っていた。本来の語義は大体それで合っているのではないかと思う。 しかし最近、その定義…

2022年2月5日の日記

羨ましいとは何か? この世にたった一人の私が面白いと思うこと、楽しいと思うこと、好きなことは、私だけのものであって、例えばあるフィギュアスケート選手が氷上で4回転ジャンプを決めて、観客から拍手喝采を受ける。その光景を見て選手を羨ましく感じる…

2022年2月1日の日記

dアニメストアに加入して幾原邦彦監督作品をたくさん観た。何度目かのピンドラ(輪るピングドラム)、何度見ても面白い。 中でも、プリンセス・オブ・ザ・クリスタル登場シーンの挿入歌やEDソングにも使われてちるトリプルH(作中アイドルグループ)のARBカ…

2022年1月22日の日記

あんさんぶるスターズ!! FUSION UNIT SERIES 06「青春Emergency」ゲームサイズMVが公開された。 流星隊が体現する等身大のスチャラカな表現にKnightsが合わせに行った形で、Knightsの高潔なユニットイメージが完全にへし曲げられている。正拳突きや全員で作…

2022年1月21日の日記

朝のワイドショー、ファミレスの人気メニューを当てるクイズ。見たことない女性タレントがフリップを掲げて同時に「ビーフシチューハンバーグ」と答えるのだが、「ビーフシチュー」の「フ」と「シ」を二つとも無声化して「ビー(フ)(シ)チュー」と発音す…

死にたかった私へ - 2022年1月20日の日記

私は私の言動が時に耐え難いほど嫌になる。 それは昔も今も変わらないが、だからといって私が死ぬべき理由にはなり得ない。 なぜならば(そもそも)、生まれ、生き、死ぬことには全て何の意味も価値もないのである。言い換えれば、生きるか死ぬか、生きてい…

2022年1月19日の日記

昨日は家で一人(と犬一匹)になる時間ができたので、Netflixで『ミッドサマー』を観た。 グロだけでなくエロもあるらしいと聞いていたので、家族がいるときに観るのはなんとなく憚られた。 私には全然怖くなかったし、むしろ第一に引き起こされるのは「スカ…

2021年12月19日の日記

すべての人間には等しく生きる価値などなく、すべての行為は等しく無意味である。そのことを何度もブログにも書いたが、それはあらゆる思想・活動の前提となっているべきである。 だから人生の意味みたいなものに還元し得る面白さを追い求めるのはやめて、た…

2021年12月17日の日記

・「犬の世話をしなければいけないせいで、自分のやりたいことができない」と感じる。 犬の世話をしなれけばいけないことはないことは自分でもわかっている。犬や他の誰かに世話を頼まれたわけでもなし、仮に頼まれていたとしても、それを無視してやりたいこ…

答えは世界Bの中に - 2021年12月9日の日記

去年の秋頃から認知症(たぶん)になった犬の世話を、なんやかんや1年以上続けてきた。この2~3週間でまた少し症状が進行したようである。1年間と比べて足腰も一段と弱くなって体力も落ちたが、それでも毎日散歩に行って3時間以上歩くし、ちゃんと食べてちゃ…

再開 - 2021年11月14日の日記

特に意味もなく日記を再開します。 晩ごはん時にテレビをつけたらNHKで映像研の再放送をやってたので、家族で見た。 予算審議委員会で生徒会長と金森さんが対峙するシーンだったのだが、普段全くアニメを見ないわりに「映像研はおもしろい」と言っていた父が…

風邪ひいた(曲つくった)

久々のブログ更新、そして……… https://soundcloud.com/user-622016960/kaze-heater?si=ca54f658bb4b4b04a8ac98a48c0e30c9 曲だ! サンクラ約2ヶ月ぶりの投稿になったけどDTMから離れてたのではなく、むしろDTMばっかり進めてた割に曲が全然完成にたどり着か…

霊魂(アニマ)が宿る

ブログ開設してから初めて1週間以上休んだ。 この1週間はDTMに精を出していて、反動でブログ書くのがどうでもよくなってしまいました。無理して何かを継続するより今一番やりたいことをやるのが一番大事。 soundcloud.com 習作です。歌詞書くの難しい。 今週…

うんこを漏らす

犬がリビングで下痢便を漏らした。 アマゾン先住民の文明化について父親と話していたときだった。部屋をぐるぐる歩き回っていた犬が突然うんこポーズになり、カバーする暇もなくほとんど液体に近い下痢便をぶりぶりした。便の強烈なニオイが部屋を満たす。最…

時間は川の流れのように

午前6時、朝日が眩しくて目覚める。ミックスジュースとパンを食べて少し本を読む。シャワーを浴びる。描きかけの絵を仕上げる。冷房をつけなくても風がそよいで涼しい。いい気持ち。 朝は時間が長い。たとえば同じ1時間でも、朝起きてからの1時間と夜寝る前…

生活に誇りを

夕飯を食べ終えて、夜の散歩に出かける。公園では、夏休みの終わりを控えた高校生たちが花火をしている。度が合っていない眼鏡越しの視界に、オレンジや赤の火花が円くぼやけて輝く。ここのところいつ来ても誰かが花火をやっているのを見かける。 今年も花火…

リセット癖はあるが…

リセット癖がある。 何年も続けた日記やアイデアノート、大事にしていた人形、写真が、ある日突然なんの価値もなくなってしまう。昨日まで大切にしていた宝物がむしろ邪魔なものに感じられ、「要らないから捨てよう」とあっさり捨ててしまう。ゲームをリセッ…

本当の自分?

自分とは何か?という問いについて。 たとえばお酒を飲んだときに普段言わないようなことを言う・しないことをする人について、それが本当の自分だと見做されることがあるが、それは間違っている。シラフの状態では本性を隠しているが酒を飲むと本性が現れる…

感覚を感覚として感じる

文字を読むのは大変なことである。漢字の様な表意文字の読解は其れ一つで頭を使うし、ひらがなのようなひょうおんもじでかかれたぶんしょうであっても、意味を理解して読むにはやはり頭を使う。文字という特殊な視覚情報を意味のレベルまで持ってくるプロセ…

アリと人間

ひとの話を長いこと真剣に聞いているのが苦手だ。相手が大事そうなことを話しているとき、大事そうだから聞かなければと強く意識すればするほど、ぼーっとして別のことを考えてしまう。長々と続く話を聞いているとだんだん、目の前でこちらを見てあれこれし…

入眠・ルーティーン

アロマテラピーやホットアイマスクその他快眠グッズではなく、私の入眠前の脳内活動を紹介。 電気を消して、布団を被って目を閉じると、私の脳内に住んでいて寝る前だけ現れる小人たち、通称ネルマエ星人が堰を切ったようにあれこれ喋りはじめる。私は口を挟…

わかさ=わからなさ

飼っている犬が今年で16歳になる。家族と「もう高校生だね」と話した。まだ高校生なのか。人間と犬の加齢度が違うのは当然だけど、人間なら高校生の年齢と考えると不思議な感じ。体感では20年以上一緒にいる気がする。自分自身も、体感では30年くらい生きて…

「何でもいい」へのアンサー

「就活なんてクソくらえ」の精神で大学卒業と同時に無職になり、今は実家暮らしのフリーターとして生きているが、大学4年生の夏頃には自分も周りのみんなみたいに就活をした方がいいのではないかと浅はかな考えをもって、一社だけ面接を受けたことがあった。…