トビラノのブログ

日記を書いています

狂気TV - 2021年2月15日の日記

 




f:id:tobirano:20210215221829j:image

 

次の絵は川辺。水面を描くの初めてなんだけどうまくいくかな。なんか犬のバランスおかしい気もするし、着色に全てを懸けるしかない。難しいことになるぞ……

 

 

 

散歩行ってごはん作って絵描いて夜鳴きの介護して……と生活の大半をルーティーン化していると、ルーティーンが崩れたときまあまあなダメージを受けてしまう。今週久しぶりに遠くに出かける予定が2、3あるんだけど、そのことを考えてたらビミョーに調子悪くなってきた。

 

人に会いたくないわけじゃ全くないのに、会ったら楽しいことも分かってるのに、人に会うことを想像するのはなぜか苦手だ。なんでなんだろう。一人暮らしのときは今の100倍ぐらい頻繁に友達と会ってたけど、そのときはむしろ「ぶっつけ本番」で会いに行くことができるから事前にナーバスになることはそんなになかった。

人と会うまでに猶予があると、会ったときに起こりそうなことをあれこれシミュレーションしてしまうからかもしれない。人と話すとき特に大人数だと、誰かつまんなそうにしてる人がいたら話しかけるとか、誰も嫌な思いをしないようにとか、余計なお世話だとしてもめちゃくちゃ気を遣っちゃうから、気を遣うこと自体は苦じゃない(というか自然とそうしてしまう)んだけど気を遣うことを想像するのがストレスになるのかも。

気を回すのってその場の感覚で・右脳的にやってることなので、それを左脳で考えるところに無理が生じている。

持ち物や準備を怠らないのは良いんだけど、それ以上の「未来の空気」にまでシミュレーションの範囲を拡げるのはストレスだし、正直ムダだ。意識的にやめた方がええな。

 

 



f:id:tobirano:20210215231525j:image

今、目が合いましたね。

 

散歩中、お腹の大きい猫をこいつ含めて3匹も見た。以前は愛猫団体みたいなところがボランティアで避妊手術を受けさせていたんだけどコロナ禍の影響で活動休止してるのか、今は手術を受けていない猫が増えてるっぽい。(避妊手術を受けた猫は耳に切れこみが入れられるので判別できる)。これは春になったらネコ祭りやで………

 

 

 

最近テレビのCMを見ると体調が悪くなる。老人向けの保険のCMとかで頻発される「子どもに迷惑かけたくないですよね」というフレーズや、楽しげな音楽に乗せたカードローンのCM、こういうのって目から耳から思想が浸透してきてホントからだに悪いので、避けられるだけ避けた方がいい。同じ理由でテレビ番組も見れないのが増えて今はほとんどNHKしか見てない。

「ワイドショー見るのやめたら体調良くなった」って言ってる人も周りにいるし、民放はこのまま狂った倫理を垂れ流し続けるかぎりどんどん視聴者減っていくと思うんだけど、世間一般の価値観的には意外とそうでもないのかな。それか、狂った視聴者を作り出せば済む話だと思ってるのかな。テレビの狂気がエスカレートしているような気がするのは私の思い違いか?