トビラノのブログ

毎日エッセイを書いています

余命ツッコミ - 2021年5月14日の日記

 

昨日書くと予告したことを律儀に守って書こう。ささっと。

時間の捉え方がおおらかになった理由として日記を書きはじめたことの他に絵を描くようになったこと、障害者の方と関わるようになったことを挙げた。絵を描くことは一瞬一瞬の勝負でありながら、「うまく」なるには継続が必要である。だから1枚の絵に拘ったり出来に一喜一憂するよりもとにかく描き続けていればいい。……というのはパステル画の師と仰ぐ坂口恭平の受け売りだけど、百聞は一見にしかず、絵を描き続けていたらだんだん物事を長い目で見る能力が養われてきた。それが時間の捉え方がおおらかになったということ。もう一つ。障害者の方と介助者には、着替えや食事などあらゆる行為およびその介助にかなり(私と比較して)時間がかかる。そこではお金よりも、たっぷりの時間が必要となる。彼女らと共に生きるということは、そういう時間の流れに半強制的に身を委ねることである。

 

朝から風邪症状とその他の体調不良が4つぐらいいっぺんに来ていて気分がどんよりぼやぼやしている。三日も絵を休んでいるとなんだか不安で頭がソワソワするので、絵を描いたが、ぼやぼやしてあまり身が入らずやっつけ仕事みたいになってしまった。体調が悪いときに描いたみたいな色をしてらあ。

 

f:id:tobirano:20210515041327j:plain



 

サクラクレパスのコンテとめ液(フキサチーフみたいなやつ、パステルを紙に定着させるスプレーのこと)を吹きつけてから写真を撮ってSNSやブログにアップロードしているのだが、スプレーを吹くと一時的に紙がへにゃへにゃになり、本来直線で描いたはずの線が写真では曲がって見えてしまう。写真下部の白線、本当はアスファルト上にまっすぐツーと引いているけど写真では大きく歪曲していますね。実は今まで上げてきた絵でも多かれ少なかれこういうことは起こっている。スマホのカメラの画角が広いせいでもあると思う。本当は毎回みんなに実物を見てほしい。 

 

ほんとに体調悪いので次の休みに病院にかかろう。全然そんなことはないと思うけど、コロナ禍の雰囲気も合わさって、もし重篤な病気だったらと少し考えてしまった。

胃腸あたりのガンで即入院、余命数ヶ月の診断を受けたら。風邪ひいたときに周りの人がやたら優しくなって多少横柄な態度を取っても許してもらえる状況が私は大好きだから、もし余命わずかと分かれば友達全員に言いふらしてここぞとばかりに言いたい放題やりたい放題好き勝手にふるまうだろうなと思った。友達とゲームして負けそうになったら「もうすぐ死ぬんだから勝たせろ」とか言うだろう。「もうすぐ死ぬからってそんなずるいことは許されない」というツッコミを期待して。