トビラノのブログ

日記を書いています

論理の鎖 - 2021年6月13日の日記

 

夜勤終わったその足で友達の家に行ってDTM作業、ちょっと宅録
作曲でもやはり、これこれこんなことをしようと頭で考えるより、リラックスして身体が気持ちいいような音が自然に出てくるときの方が、いい感じに進む。やはり、だ。
自分のPCがスペック低いせいで毎回DTM借りるために友達の家に行くのが面倒くさくなってきたから早く買い替えたい。

 

家に帰ったらどっと疲れが押し寄せてきて、1時間ほど昼寝するつもりが3時間以上寝てしまった。家族が何度か起こしてくれたみたいだけど全く気づかなかった。父に声をかけられる夢を見たが、たぶん夢じゃなかったんだ。

 

徒然草にならって、ものぐるほしゾーンに入るために心に浮かんだことをとりとめもなくそのまま書くようにすると、接続詞が減ることに気づいた。接続詞は頭で考えてるときに出てくる、というか接続詞を使うと文章は「頭」になってしまう。心に浮かんだままの文章には「しかし」「すなわち」「なぜなら」が出てこない。心には論理がないということだ。今までいかに論理に支配され縛られてきたことか。論理の鎖から心を解放せよ!

 

フーコーの狂気の歴史、買ってしまった。税別6500円。この本デカいし重いし高いし、図書館で借りることもできたんだけど、図書館で借りると「近いうちに返さなければいけない」とゆー重力が加わって、ページが重くなるので、なるべく自分で所有しておきたい。欲しいときに欲しい本を手に入れ、代わりに読んでない本や読み返すことのなさそうな本はバンバン売ろう。積読を気にしない。
この調子だと今一番欲しい本ことゾミアも買うことになる。1ヶ月後、ゾミアが机の上にボーンと鎮座している光景が目に浮かぶ。