トビラノのブログ

日記を書いています

鳴き声みたいなもの - 2021年6月17日の日記

 

朝、犬が散歩から帰ってきて疲れて寝てるあいだに大豆田とわ子を最後まで見た。

 

以下、ネタバレなので未視聴の方は飛ばしてください。

 

 

とわ子が元夫たちを邪険に扱ったり好きって言ったりするのが全然理解できなくて終盤の展開に混乱した。「元夫たちを好きじゃないなら何で小鳥遊さんについていかないの???嫌いじゃないなら何で鬱陶しそうに避けたりするの???なんで???」と頭の中クエスチョンマークでいっぱいになった。言葉にしてみるといかにも子供が言いそうな疑問だ。でも、その気持ちが分かるようになるのが大人になるということなら私は一生子供でいい。というか子供の方がいい。

まあアレだろうな、元夫たちの小競り合いがとわ子には小鳥のさえずりのように聞こえるという演出があったけど、とわ子が元夫たちに矛盾した態度や発言をするのもある意味さえずりのようなものなんだろう。日常会話の言葉一つひとつが全て言葉通りの意味を持つのではない。千葉雅也が以前、年寄が子や孫に向かって結婚式に出たいとか言うのは言葉として意味を成さない、鳴き声みたいなものだから気にしなくていいと一蹴していて(元ツイート)、すごく心が軽くなった気がしたけど、方向性は違えどとわ子たちの場合も多かれ少なかれそういう側面があるように思う。そんなこと言ったら「鳴き声ではない言葉とは何なのか」、「『話すこと』とは何なのか」という別の疑問も浮かんでくるけど、それは今は考えない。

子供の方がいい、ということに関して、大人になるまであと100年掛かるとか会社員できなかったとか男と女が煩わしいとかいう発言を繰り返していた渡来かごめには心の底から共感、かつ応援していたので、なんの前触れもなく突然死んでしまってショックだった。いや、人間の死なんて前触れがなくて当たり前だけど、ドラマでそれをやられるとは。かごめが死んだ後の八作ととわ子のやり取りがリアルで辛かった。

小鳥遊が非言語的な言語を多用してひねり出した「5歳の頃のかごめが笑っていた時間があったなら、今もかごめは笑っている」という時間論には、私が最近考えていたことをピシャリと言い当てられた感じがしてスッとした。結局とわ子は小鳥遊と一緒にマレーシアへ行く道を選ばなかったけど、それが正解みたいに視聴者が思ってしまうのは嫌だな〜。公式がifの世界線をいくつも用意していることからも分かるように、このドラマは、とわ子の選んだ道はただとわ子の選んだ道である以外の意味を持たないように演出されている。小鳥遊の時間論もその延長。だから私は、『まめ夫』に高評価を送ると同時に、とわ子は小鳥遊さんと一緒になったらよかったのに!と一生恨み続けるし(オダギリジョーだからではない)、だからこそとわ子が選んだラストシーンは尊い、のかもしれない。

 

■ネタバレおわり

 

昨日の晩から一日中この曲をリピート再生してる。

open.spotify.com

 

髙城くんこんなスウィートでソウルな歌い方できたんだ、という驚きがまずあって、何回も聴いてるうちにハーモニーがいいなと気づき(モーダル、と言うんだろうか)、歌詞もエエやんと思ってこれしか聴けなくなった。ある曲を好きになると何回も何回も同じ曲ばっかり聴いてしまうのが私の癖だ。「抜け出せこんなコロナ禍な世の中も」って、今日本国民全員が歌いたいリリックでしょ。

 

A♭△7(9)|Cm7|B△7/D♭|B△7/E♭ D♭

 

この曲はおそらくこんな感じのコードが繰り返されている。正しい表記はよくわからないけど構成音は合ってるはず。2小節目まではKey=A♭で、3小節目からはKey=G♭、最後のD♭はⅤ(Key=G♭)でもありⅣ(Key=A♭)でもあり、2つのキーのつなぎ的な役割を果たしてるんだと思うけど、Cm7→B△7/D♭にはどういう理屈で飛べるのか分からん。丸サ進行でお馴染みのJust The Two Of Usの間奏にも同じ展開があるけど、「"Just The Two Of Us" コード進行」で調べても丸サ進行のことしか出てこないから調べようがない。地道に本を読むしかないのか。ダンスミュージック好きなのにモードのこと全然わからないのが痛い。

 

夕飯後、ボ・ガンボスの『HOT HOT GUMBO '92』というライブ映像を見た。派手なトラックの上に派手なステージを作って派手な格好で演奏しながら京都市内を練り回り、そのまま京都大学西部講堂に到着してトラックの上で演奏を続行、休憩挟んで西部講堂前の大きなステージに移動して虹色の風車が回る前で大絶叫の大熱唱、夢より奇想天外なお祭りライブ。サイケな装飾を施した派手派手なトラックの上で演奏しながら公道をゆっくり走り、後ろから客がぞろぞろついてくる様子がかなり面白い。夕暮れ時の「あこがれの地へ」合唱はジーンときた。

どんとがMCで「どんと王国を作りました、自由な国です!僕が王様です!!」と宣言していて、うわ、坂口恭平だ!と思ったけど時代的に(あとサイケデリックな格好からも)ジョン・レノンのヌートピアの影響が大きかったのかもしれない。どっちにしろ私が惹かれる天才肌の人は国を作りたがる傾向にあるんだな。好きなタイプは?と聞かれたら「建国する人」と答えよう(そんな質問はするなという意味)。

 

夜、犬がソワソワしていたので公園に連れて行ったらすぐウンチした。この子まさか、朝夕2回の散歩では物足りず、夜までウンチを我慢すれば3回目の散歩に行けると思ってるんじゃないだろうか。まあ、ウンチ我慢してまでして夜の散歩に行きたいなら、行くけどさ、、、ウンチを我慢することでコミュニケーションが取れてるなら凄いことだ。